激務の割に安い看護師のお給料

資格を持っていると、給料は高いイメージがあります。その代表と言えるものが看護師ではないでしょうか?しかし、看護師の方からは人の命に関わる仕事の割に給料が安い、という声も聞かれます。看護師の方が実際にもらっていた金額から、その金額に対する本音をまとめました。
20代女性からの投稿
小児科病棟半年、整形外科病棟3年

4年目で手取り26万円

私は新卒で公立の総合病院に就職し、現在もその病院に在籍しています。看護師として5年目にあたる年ですが、その間に妊娠し産休・育休をとっているので経験年数としては3年半ほどです。
地方の公立病院なので、私立の病院と比べると給料は低いと思います。
基本給は21万円(経験4年目時)でしたが、夜勤の回数が多く、夜勤手当てが沢山ついていたのと、残業で手当てがついていたので、手取り26万円前後いただいていました。
夜勤の回数や残業が多かった経験4年目の時が給料は一番多かったです。
ボーナスは基本給×2倍が支給され、それが6月と12月の年に2回ありました。
昇給は、公立病院なので、勤務年数に従い1年に1度昇級していきます。真面目に勤務さえしていれば、誰でも昇級できると思います。

手当は充実していました

夜勤手当は深夜勤で4,000円、準夜勤で3,500円と低めです。
住宅手当て27,000円(上限は30,000円で賃貸の場合のみ、家賃の半額が支給されます)と、危険手当て(病棟勤務の看護師のみ)11,000円がありました。
車で通勤している人は、通勤手当ての支給もあります。
年末・お正月や盆休みの出勤には1日5,000円手当てが貰えました。

激務の割に安いお給料です

他の同年代の方と比べれば、お給料は多くもらっていることは分かっていますが、毎日の勤務が激務なのと拘束時間が長いことを考えると低いように感じています。
夜勤の回数は病棟によりますが、多いところで1か月に12回もありますが、上記のように1回あたりの手当てが安いので・・。
日勤をしてから深夜勤の時も多くあり、命を削って夜勤をしているにも関わらずこの金額では報われません。

他の病院の友人より低い

新卒で入職した際には、夜勤も残業もなかったので給料の手取りは18万円ほどでした。低いなとは思っていましたが、自分にまだそれだけの仕事が出来ていない事は分かっていたので文句はなかったです。
しかし、経験年数があがり、それなりに出来ることが増え、上司からもいいように使われるようになってから、自分の給料の低さにみじめな気持ちになりました。他の病院に就職した看護学校の友達は、もっと多くもらっていたりするので・・。