給料は高かったが休憩や仮眠はとれず

30代女性からの投稿
外科病棟4年

手取り33万円昇給なし

私は、10年前に新卒で、外科病棟で4年間勤務しておりました。
新卒で就職した病院は、地域に密着した総合病院(24時間救急あり)でした。
その時のお給料は、基本給23万円に、夜勤手当・日曜手当・住宅手当がついて手取り33万円くらいでした。
1年目の最初の半年間は夜勤がなかった為、基本給と日曜手当のみで、24万円ぐらいでした。
昇給はほとんどなく、4年間勤めましたが1年目とあまりお給料は変わりませんでした。
ボーナスは、年間で、2.5ヶ月分ぐらいでした。

夜勤手当は魅力

夜勤手当は1回16,000円(月に約4~6回)と高かったので、魅力でした。また、休日手当もあり、日曜出勤すると手当1回4,500円(月に約2回程)でした。
住宅手当もあり、1か月上限20,000円(一人暮らしなどで、本人が世帯主の場合のみ)でした。

自分がしたい看護をするため退職

一般的に見ると、病院の中でもお給料は良いほうだったと思います。
しかし、日勤・夜勤共に常に走り回っている状態で、夜勤は多い時では当日手術後の方が5人・呼吸器をつけているなど重症患者様も数人を含む1病棟70人を、看護師2人での勤務だった為、もちろん仮眠などもなく、かなりハードでした。勤務内容のハードさと比較すると、お給料の金額にはやや不満でした。
日勤も忙しいと残業も多く、残業代は無しでした。
そういった点を考えると、良いお給料でも働く内容・勤務時間には見合っていないと思いました。
必要な看護に対し、看護師不足で忙しすぎて、自分のしたい看護が出来なかった為退職し、現在は介護施設の看護師として働いております。
やはり周りの病院勤務の看護師仲間の話を聞くと、勤務時間内である程度お仕事が終わる病院や、夜勤時の仮眠がしっかりと確保されている病院もあり、その分お給料は少し少なくなりますが、看護師一人当たりの仕事内容の多さとお給料はそちらの方が比例していると思いました。